ふらふら旅行記

〜旅の記録〜旅したときの旅行記をアップしています!

2016年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年02月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Hotel Arabia

アルバルシンに3泊しました。

アルバラシンで人気のホテル
カサ・デ・サンティヤーゴに宿泊したかったけど満室。

この時期は紅葉シーズンで殆どのホテルが満室だった。
アルバラシン行きを決めてホテルを探しはじめた時は遅かったみたい、
Hotel Arabiaだけ一室空きがあったのでブッキングドットコムで予約した。
友人は別のホテル、B&Bシングルを予約していました。
まさか、友人とアルバラシンまで一緒に来るとは思ってはいなかったので、
ホテルは別々です!

ホテルの殆どが、断崖の上にあるので、重たい荷物を持って行くのも大変そう。
友人は重たい荷物を持って、断崖の上にあるB&Bに向かいました。
Hotel Arabiaはバス停の隣にありました。
アルバラシン

アルバラシンは小さい村だけど、そこそこホテルもあった。
ホテルと言うよりもペンション風かな。
時期によっては混み合うので、
日程が決まっていれば早めに予約した方が確実
今回宿泊するホテルは少し大きいホテルだった。
アルバラシン

ホテル入口前に椅子とテーブルが並べてあって、
目の前に見えるのは、黄色く染まった紅葉だった。
アルバラシン

このホテルは英語が話せるスタッフが一人だけいました。
レセプションは22時でクローズ、
ホテルの入口は、鍵は閉めないので、24時間出入り自由
アルバラシン

レセプションの横にあった部屋は待合室みたいになってた。
なんか雰囲気がよさげ。
アルバラシン

部屋の鍵は重たいw
アルバラシン

ほとんどのホテルが満室だったのに、
このホテルだけ、1室空いてたので、あまり期待していなかったのですが、
部屋が広くてよかった。がっかりしなくて済んだ。
アルバラシン

内装もなかなかね。
アルバラシン

アルバラシン

シャワーのみでバスタブなし
水回りも清潔でした。
アルバラシン

シャワールームの床はタイルではなく石、絵が描かれてた。
アルバラシン

少ないけどアメニティも置いてありました。
アルバラシン

窓からも黄色くなった紅葉が見れました。
アルバラシン
WiFiもサクサク繋がりました。
少し休憩して村散策に出かけました。


ブログランキングに参加してます!ポチッとお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へブログランキングならblogram

| アルバラシン | 18:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

テルエルからアルバラシンへ移動


テルエルからアルバシンへの移動は、
バスで移動しました。

日本のガイドブックにアルバラシンの情報が記載されていなくて、
ネットで調べたらテルエルからバスで1時間ちょいとか
バスの本数は時期によって、1日に1本とか2本しかないとか、
日曜日は運休とか、バスに乗れなかった場合、タクシーで50€で行ったとか、

不安だったので、事前にホテルにメールをしてバスの時刻表を教えてもらった。
グーグルの翻訳で、スペイン語にして送信したら、
ホテルから返事が来た、スペイン語でね。

時刻表は1日1本のみ(2016年10月時点)
Navarro社
テルエル→アルバラシン14:10
アルバラシン→テルエル8:55

テルエルバスターミナルから出発
アルバラシン

エスカレーターで地下に下がります!
アルバラシン

地下にあった窓口でアルバラシン行きの切符を買おうと
英語で尋ねたら逃げられちゃったw失礼だなぁ。

再度隣の窓口で尋ねたら、英語は通じなくて
アルバラシンと言ったら14:10、ゲート5て言われた。
チケットはと尋ねたら、バスの中でドライバーから買ってと言われた。
スペイン語だったけどジェスチャーで通じるものがあった。
アルバラシン

モニターにちゃんとアルバラシン行きが表示されていたので安心
アルバラシン

出発の10分前にNavarro社のバスが到着
バスは地元の人が利用するような小さいバスだった。
アルバラシン

バスチケットはドライバーから購入した。
片道3.80€
アルバラシン

バスは三ヶ所停まって最寄りのバス停へ
最寄りのバス停を一回通り過ぎて、
地元の小学校まで行って子供達を乗せて、最寄りのバス停まで戻ってきた。
アルバラシン
1時間ちょっとでアルバラシンに到着
バス停は標識がなくて、団体専用の観光バスなどが停まる
駐車スペースがバス停になっていた。


ブログランキングに参加してます!ポチッとお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へブログランキングならblogram

| アルバラシン | 12:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

La barrica


テルエルからアルバラシンへ移動です!
アルバラシン行きのバスが午後出発なので、
ゆっくり休んで、11時ごろチェックアウトしました。

出発前にトリップアドバイザーで評価が高かったバルで
遅めの朝ごはんを食べました。

La barrica
テルエル

早かったのでお客さんは少なく、
バル内の雰囲気はよかった。
テルエル

美味しそうなピンチョスがズラーリと並べてあった。
テルエル

カウンターに並べてあるピンチョスが食べたかったのに、
バルのスタッフが、
モーニングセットがオススメと言うので、それにした。
説明がスペイン語だったけど、なんとなくスタッフの雰囲気で通じた。
セットメニューにはアルコール類も含まれてた。

セルベッサーと何が出てくるんだろ・・と思ってたら
チキンサンドイッチだった。
このサンドイッチがまた激ウマだった。
テルエル

食べ終わったらカフェにする?と聞いてくれて
カフェコンレチェを注文した。
テルエル
モーニングセットでセルベッサ、サンドイッチ、カフェコンレチェで
お値段3€だった。激安で驚いてしまった。
マドリードやバルセロナと違って、テルエルの物価は安すぎるw
しかも料理は美味しいしね。

アルバラシンからまたテルエルに戻ってくるので、
また寄ろうと思った。絶対このバルオススメ!


ブログランキングに参加してます!ポチッとお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へブログランキングならblogram

| テルエル | 08:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

La Bella Neda Asador De Lena


テルエル街散策した後は、
トリップアドバイザーで評価が高かった、
La Bella Neda Asador De Lenaでランチ
当日の朝、電話して15時に予約を入れました。
場所はバスターミナルから旧市街に入った近くにあった。
テルエル


店内の雰囲気もよかった。
テルエル

オープン形式の暖炉がありました。なんかよさげ。
テルエル

お客さんは自分達入れて3組だけ
この日は予約しなくても入れそうな雰囲気
テルエル

メニューはスペイン語のみ
女性スタッフが不安そうに、英語は少しだけ話せますと言ってきた。

まぁ、テルエルは田舎だし英語が通じるとは思ってはいなかったので、
事前にネットで、お店のHPにアップされていた、
メニューをチェックして、グーグルで翻訳した。

注文する物をメモにとっといたので、それをスタッフに見せました。
そしたらパーフェクト!て大喜びw

そして地元の肉を注文
オープン形式の暖炉で焼いてくれます。
テルエル

肉が焼けるまでの間は・・・
やっぱステーキには赤ワインですよね。
テルエル

サービスの前菜はパエリアだった。
テルエル

ステーキの他に注文したのは、
テルエル名物、生ハム、サラミ、チーズの盛り合わせ。
これ激ウマだった。
これで1人前ね。シェアして食べました。
テルエル

メインのステーキーこれまたジューシーだった。
焼き加減は大丈夫?再度焼いて調整できるけど?と聞きにきてくれた。
テルエル

柔らかくてジューシーで美味しいステーキだった。
テルエル

〆はカフェコンレチェ、
自家製ケーキをサービスで添えてくれた。
テルエル

ガッツリ食べ過ぎて、お腹もパンパン。
この日の夜ご飯はさすがに抜きました。


ブログランキングに参加してます!ポチッとお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へブログランキングならblogram

| テルエル | 18:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

テルエル・街歩き


今度は4つ目の塔へサン・マルティンの塔
教会は17世紀の建築、ムデハル様式の塔は14世紀の建築
テルエル

テルエルで最も美しい塔と言われてるみたい。
これだけムデハル様式をみると、さすがに飽きた。
最初は凄い、イスラムだなぁ、とか思っていたのにね。
テルエル
四つの塔で今回登れたのは、
エル・サルバドールの塔だけでした。
テルエルの有名観光名所の見学は終了
あとは街散策するだけ。


旧市街の外れには水道橋
テルエル

水道橋近くの旧市街の入口では市場
地元の人達で賑わっていた。
テルエル

食料品から衣料品までありました。
何も買わなかったけど見てるだけでも楽しめた。
テルエル

翌日はバスでアルバラシンに行くので
バスターミナルを確認。
バスターミナルは旧市街から出たとこにあった。
駅から15分くらいの場所です。
テルエルは小さい街なので、迷子になることはありませんね。
テルエル

旧市街のトリコ広場に戻りました。
テルエル

この広場には、モデルニスム建築家が建てた家がった。
この建物は有名なのか、地元の観光客がガイドの説明聞いて写真を撮ってた。
調べたら1912年にパブロ・モンギオ建築家の設計で建てられたみたい。
テルエル

トリコ広場のバルで休憩
テルエル
カフェコンレチェにチュロスが添えてあった。しかもお値段1€
テルエルの物価は安い。


ブログランキングに参加してます!ポチッとお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へブログランキングならblogram

| テルエル | 19:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サンタ・マリア大聖堂見学


サンタ・マリア大聖堂を見学しました。

13世紀に建てられたムデハル様式のカテドラル
大聖堂の塔、屋根そしてドームは世界遺産に指定されています。
テルエル

テルエル

大聖堂・鐘楼
テルエル

大聖堂内部へ 祭壇
テルエル

テルエル

ムデハルの建築ですね。
テルエル

天井の木組み
テルエル

パイプオルガン
テルエル

ドーム
テルエル

ここも観光客がいなくてじっくり見学することができた。
テルエルは、観光地としてはあまり知られてないのか?
それとも人気がない観光地?個人的には好きな街だけどね。


ブログランキングに参加してます!ポチッとお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へブログランキングならblogram

| テルエル | 08:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

テルエル・エル・サルバドールの塔


世界遺産に登録されているテルエルのムデハル様式建造物は4つ。
サンタ・マリア大聖堂の塔
サン・マルティン教会の塔
エル・サルバドール教会の塔
あとの一つは先に見学したサン・ペドロ教会と塔

エル・サルバドールの塔に登ってみました。
入場料はホテルで貰ったマップを見せたら割引された。
テルエル

階段はキツくなかった。
テルエル

四層に分けられた塔内を、登りながら見学しました。
一層目〜三層目は、
テルエルの歴史、ムデハル様式、建築技術などが、モニターなどで説明されてた。
テルエル

これはテルエルの町だと思う。
テルエル

最上階の四層目は教会の鐘突き場と
テルエルの町が一望できる写真撮影ポイントになっていました。
テルエル

旧市街方面の景色
テルエル

新市街方面です。
このあと訪れるアルバラシンは見えなかった。
テルエル
天気ががよければ眺めもよかったはず。
オフシーズンなのか塔に登る観光客は見かけませんでした。


ブログランキングに参加してます!ポチッとお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へブログランキングならblogram

| テルエル | 09:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

テルエルの恋人たちとサン・ベトロ教会


テルエル観光のオススメ!
テルエルの恋人たちの霊廟を訪れました。

14世紀に建造されたサン・ペドロ教会は、
アラゴン・ロマネスク様式とムデハル様式が融合した建物で
世界遺産の一つになっています。

教会の塔は、教会よりも古く13世紀に建てられたもので、
テルエルにあるムデハル様式としては一番古いものです。

テルエルの恋人たちが眠る霊廟とサンベトロ教会は併設されています。
テルエル

霊廟の入口には恋人たちの像が設置されてたw
テルエル

霊廟入口
テルエル

オープンと同時に行ったのですが、
現金でチケット買うつもりがお釣りがないと言われ
カードで支払った。オープンしたばかりなんだから釣り銭用意しとけよ!

テルエルの恋人たちは、
スペイン人なら知らない人はいないと言われている悲恋の物語で実話、
この悲恋があったのは13世紀のことですが、
16世紀にサン・ペドロ教会の改修工事が行われた際に、
二人のミイラが見つかったそうです。
テルエル

スタッフの人に近くで見たり写真を撮るのはOKだけど
ミイラが安置されてるとこは写真はNGと説明された。
しかもスペイン語で!

2人の手はよく見ると触れ合っていませんでした。
これは現世で結ばれなかったことの象徴かな。
テルエル

像の下に2人のミイラは並んで安置されています。
天国では結ばれたかな???
テルエル

霊廟と併設する教会は勝手に入ることができなくて
ガイドツアーに参加するみたい。

朝早かったので観光客がいなかったので
ガイドなしで入れてもらいました。
まぁ、ガイドはスペイン語なので、、、

サンペドロ教会内部の様子
ここも必見です!
テルエル

テルエル

丸いステンドグラスもよさげです。
テルエル

内庭回廊には近代的アートが展示されていました。
テルエル

なんかの展示会だったのかな?
陶器や絵などがたくさん展示されていました。
テルエル

これはテルエル焼きですね。
テルエル

教会と霊廟、内庭回廊、8€で見学することができた。


ブログランキングに参加してます!ポチッとお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へブログランキングならblogram

| テルエル | 07:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

テルエル・ネオ·ムデハル様式の大階段


テルエル散策スタート!

テルエルには、1986年に登録された世界遺産が四つあります!
小さい町なので、全部歩いて回れる距離だった。
今思えば、テルエル滞在は、1泊もしくは半日で十分だったかもしれない。

テルエル駅前です。
テルエル

少し紅葉していました。
テルエル

テルエル駅前の紅葉した道を抜けると
テルエル

立派な大階段がありました。
テルエル

ネオ・ムデハルの大階段と言うらしい。
スペイン独特のムデハル様式は近代でも建築家に影響を与え、
ネオ・ムデハル様式を確立しました。
テルエル

上まであがると、中央は、スペイン版ロミオとジュリエット、
テルエルの恋人たちを題材にしています。
テルエル

壁に張り付いてる装飾やタイルもなかなかのオサレだった。
テルエル

この階段上り下りがキツかった。
旧市街は、この階段の上にありますからね。
テルエル

振り返ってみると紅葉してる木が見えるw
紅葉の先がテルエル駅です。
テルエル

ちなみに宿泊してるホテルの出入口は1階と5階にあって
5階の裏口から出入りできるので、毎回、階段を登らずに済んだ。



ブログランキングに参加してます!ポチッとお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へブログランキングならblogram

| テルエル | 18:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

テルエル・ホテルで朝食

テルエルの町を観光する前に、ホテルで朝食です。
テルエル

パンやクッキーなど、
テルエル

テルエル

料理もそれなりに並べてありました。
ベーコンやソーセージが激ウマだった。
テルエル

テルエル名物、生ハムが美味しくて
朝からワインが飲みなくなった。
テルエル

ホテルの朝食は6€で安くてビックリ!


ブログランキングに参加してます!ポチッとお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へブログランキングならblogram

| テルエル | 08:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT